必見!初めてでも安心の高速バス

ホーム > 高速バスの豆知識 > メリットがいっぱい高速バスの利用の内容とは

メリットがいっぱい高速バスの利用の内容とは

 高速バスのメリットと言えば、安さにイメージが付き物ですが、高速バスの利用におけるメリットは、それだけではありません。
バスは、鉄道などの乗り物と違い、移動できる場所に柔軟性を高く持ち合わせています。
例えば、新幹線で東京に訪れる際は、東京駅か品川駅、東北新幹線であれば上野駅など、限られた場所のみになります。
高速バスは、新宿行きのバスもありまして、実際に移動する負担を軽減できる場合もあります。
高速バスは、ずっと座りっぱなしで疲れやすい話がありますが、荷物を持って長く移動するに比べれば、それほど大した話ではないでしょう。
もしかすれば、新幹線を利用する場合、在来線の乗り換えにおいて、座れない状況などもあるでしょう。
特に新幹線が止まる駅は、人ごみも多くなりやすく、高速バスの方が快適である場合もあるはずです。

 高速バスの内容によっても話が変わってくるかもしれませんが、例えば、東京と大阪間の高速バスは、24時近くまでの最終便が存在します。
新幹線の最終便は、22時頃であるため、現地の滞在時間に高速バスよりも短くなってしまう場合があるでしょう。
東京と大阪間の新幹線の利用においては、新幹線で現地についた場合、深夜であるため移動手段が限られてしまうはずです。
東京と大阪間の高速バスの場合は、到着が早朝である場合も多く、人の往来が少ない中で目的地に移動しやすいメリットもあります。
サラリーマンであれば、仕事を行うまで時間もあり、朝風呂やサウナで移動の疲れをリフレッシュさせられる場合もあるでしょう。
新幹線を利用し、駅に着いた際にタクシーで帰宅した場合、そこから睡眠に入るとします。
高速バスで、そのまま睡眠に入り、早朝起きたとしましょう。
もしかすれば、新幹線の利用の方が、睡眠時間が取れない可能性もあるはずです。
深く考えれば高速バスの方が、メリットが高くなる可能性もあります。

 高速バスのイメージは、深夜走る高速バスのイメージを持たれる人も多いでしょう。
高速バスとしては、夜走行する高速バスよりも数が少なくありますが、昼間に走る高速バスも存在するのです。
路線によっても話が変わってくるかもしれませんが、昼間に走る高速バスの運賃は、深夜に走る高速バスよりも料金が低く設定されている場合がほとんどです。
その存在が、あまり多く知られている訳ではなく、移動する際に鉄道機関を思い浮かべる人が多いからかもしれません。
利用する目的は人によってそれぞれですが、例えば、東京でコンサートがある場合、費用を抑えるために、昼間の高速バスを利用して移動し、コンサートが終われば深夜の高速バスで帰省する方法などもあるでしょう。
高速バス会社同士の競争も激しく、快適感を追求している傾向が高くあります。
その快適感を味わえる時間帯を付加価値として考えれば、安さとお得感をより実感も出来るでしょう。

ページトップへ