事業を行うには、開業資金や運転資金などの資金が必要です。それらを自己資金から賄うことができれば問題はありませんが、自己資金だけで足りない場合は、どこかから資金調達を行わなければなりません。資金調達を行う方法は複数ありますが、その中の1つにビジネスローンという方法があります。事業者向けの資金調達方法の中でも、一般的な資金調達の方法であると言えます。ビジネスローンは商工ローンや事業者ローンという名前で呼ばれることもありますが、事業に必要な資金を貸してもらえる制度のことを言います。ビジネスローンは個人事業主または中小企業家向けのローンで、住宅ローンや車のローンなどと並ぶローンの1種です。定型貸出に分類されるため、借りられる金額の上限や金利、貸出条件も決まっています。

ビジネスローンの特徴とメリット

ビジネスローンは融資の条件が決まっていますので、条件を満たす人にしか融資が行われません。融資の申し込みをする時点で選別されますので、審査基準に上がってきた人に対してそれを満たしていれば貸出がなされます。そのため、融資までの時間は短期間で済みます。ノンバンク系は特に審査が早く、即日で融資してもらえる場合もあります。逆に公的機関の場合は金利が安い反面、審査に時間がかかります。ビジネスローンは担保が必要ありませんので、不動産などを持っていなくてもお金を借りることができます。契約する代表者が連帯保証人になるだけで融資が受けられますので、第三者保証人や身内の保証人も必要ありません。いつも使っている通帳に振り込んでもらうことができますので、必要なお金をすぐにおろすことができます。

ビジネスローンの特徴とデメリット

ビジネスローンにはメリットが多くありますが、デメリットもあります。借りる側として最も気になるのは、金利が高いということです。公的融資や担保を必要とする融資と比べれば、金利が高く設定されているビジネスローンは、返済期間が長くなればそれだけ返済額も高くなってしまいます。貸付する側は担保を取らず、保証人も必要としないというリスクを負っている訳ですから、金利が高くなってしまうのはある意味仕方がないことです。ビジネスローンの中でも銀行系よりノンバンク系の方が、金利が高いのが特徴です。ビジネスローンの申請をするには確定申告書や事業計画書などの書類が必要です。数年分の確定申告書が必要など、事業実績が無いと借りられない場合もあります。融資を受けた資金はビジネスのみにしか使えません。