事業を始める際、まとまった資金が必要となります。自己資金で賄えれば一番いいのですが、そういう人は少ないでしょう。そういった場合、銀行で借りる人が殆どかと思いますが、ビジネスローンという手もあります。ビジネスローンとは何かという事ですが、読んで字の如く、ビジネスに対しての資金をローンで借りるというものになります。銀行で融資を受ける場合、融資条件が厳しいのですが、ビジネスローンは比較的融資条件が緩いと言われています。また、銀行での融資は担保も必要ですし、審査が終了するまで時間がかかります。ですが、ビジネスローンは担保も必要なく審査から借入まで時間がすごく早いところもあります。ですが、審査から借入までの時間が短い場合は、金利が通常よりも高額になります。金利が安いなどの貸付条件がいいとそれだけ審査に時間がかかるのです。

ビジネスローンのメリットとデメリット

ビジネスローンの最大のメリットとしては、審査スピードが早い事です。銀行で融資を受ける場合、審査の結果が来るまで数日かかります。ですが、ビジネスローンの場合、この審査に対して条件を満たせば数日で振込可能となります。次に来るメリットと言えば、担保や保証人が必要ないということです。銀行だと不動産担保などが必要になったりしますが、ビジネスローンの場合、代表者が連帯保証人となり借りるということになるので、不動産担保のようなものが不必要です。デメリットとしては、保証人や担保がいらない代わりに金利が高く設定されている事が多いです。やはりそれだけのリスクをビジネスローンの会社も負う訳ですから、おのずと金利は上がります。そして、返済が長期にわたる為、そういった事があります。また、銀行などと違い、ビジネスローンという商品になる為、個別で交渉ができません。

おすすめのビジネスローンの選び方

今はインターネットがあるので、そちらでビジネスローンと検索すれば、ビジネスローンの比較サイトなどもあります。そちらで色々と見て判断するのもいいでしょう。銀行だと企業自体の規模が有る程度ないと融資をしてくれない場合が多いですが、ビジネスローンは中小企業や個人事業主を対象としている事が多い為、融資は比較的通りやすいです。ですが、そういったところではなく銀行系の方が何かと安心だという人もいます。もちろん、銀行系のビジネスローンもあります。ただ、銀行系はやはり消費者金融よりも審査が厳しい為、一番おすすめなのは、国から借りる事です。国から借りるというのは日本政策金融公庫というのがあります。こちらは低金利ですし、個人事業主でも中小企業でも融資を行ってくれます。ただ、融資に時間を要する為、急いでいる人には不向きです。