事業を始めるにあたって、まず必要なのは資金です。法人向けの事業資金用無担保ローンであるビジネスローンは多くの事業者が利用しています。というのも、ビジネスローンは融資を受けるまでのスピードがほかの融資に比べて早く、早ければ即日融資を受けられることもあります。また消費者金融などで提供されるビジネスローンは事業計画や返済計画などの提出が不要であるため、銀行の融資に比べても便利であるからです。一般的に銀行の融資は審査が厳しいといわれていますが、ビジネスローンであれば個人事業主であっても比較的簡単に融資を受けられます。さらに、担保や保証人を立てる必要は原則なく、総量規制の対象外でもあることから、年収に対して借入額が3分の1ほどあっても利用でき、個人事業主にとって借りやすいローンといえます。

ビジネスローンのデメリットを考える

比較的簡単に融資を受けられるビジネスローンですが、デメリットと感じる部分もあります。ビジネスローンは借りやすい分、金利が高めの傾向があります。もし長期にわたって融資を受けるのであれば、ほかの融資を考えてみたほうがよいでしょう。また、ビジネスローンでは借入限度額を数百万円に設定しており、希望する額に届かないこともあります。利用の目的がはっきりしない場合には審査が通りにくく、事業資金として借りるのが望ましいです。使途があいまいにならないよう、はっきりと決めておきましょう。審査では、事業内容や従業員数、決算情報、安定した業歴、ほかの金融機関からの融資が多すぎないかなどの信用情報、きちんと納税しているかなどをもとに行われ、返済が滞ることなく出来るかどうかの判断をされています。

ビジネスローンには種類もいろいろ

種類によってはローンカードを発行するビジネスローンもあります。これにより、コンビニや銀行のATMでいつでも借り入れや返済が可能で大変使い勝手がよいです。限度額も設けられているため、借りすぎることもありません。決算ベースでの審査であることから、もしも利益が出ている状態であれば、いざというときのために枠を持っておくという使い方もあります。枠を持っていても利用していなければコストは発生しませんし、枠さえあれば、数分で資金を調達でき、急な入用の時に便利です。ですので、ビジネスローンは必要な場合のみ短期間で借り入れをするといった使い方が理想的といえます。気を付けて欲しいのは、ビジネスローンの中には闇金業者も存在します。借り入れの際には安易に決めてしまわず、登録番号を確認するなど冷静な判断と対策が必要です。

診療報酬債権担保ローン貸付利率:9.0~18.0%です。 手形割引は50年の歴史をもつ老舗専門業者の湊屋商事にご相談。手形割引の詳細はこちらです。 無担保ビジネスローンの貸付利率:10,00%~18.00%(実質年率)となります。 昭和39年創業以来、永き50年に亘り業歴を重ね、事業融資全般を主業とする老舗専門業者です。 老舗ならではの豊富な情報量、ノウハウの蓄積です。無担保でビジネスローンを組むなら湊屋商事にお任せ!